Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//障害認定日の特例

お知らせ

障害認定日の特例



障害年金は、その傷病の初診日から原則1年6か月経過した時点の

身体の状況が申請の条件となります。

その時点で仕事や日常生活に著しい制限があったり、

支障が出るような状態を示します。

しかし障害の状況によっては、初診日から1年6か月以内であっても

申請することができます。


1年6か月を経過する前に障害認定日として取り扱うもの


・咽頭全摘出•••全摘出した日


・人工骨頭または人工関節を挿入置換した場合•••挿入置換日


・切断または離断による肢体障害•••原則として切断日、離断日


・脳血管障害•••初診日から6か月経過した日以後に、医学的観点から


それ以上の機能回復がほとんど望めないと認められるとき


(初診日より6か月経過した日以後の症状固定したと認定される場合のみ


・人工弁、心臓ペースメーカー、ICD(植込み型除細動器)


 CRT(心臓再同期医療機器)、CRT-D(除細動器機能付き心臓再同期医療機器)


 人工血管(ステントグラフトを含む•••装着日、挿入置換日


・在宅酸素療法を行っている場合•••在宅療法を開始した日(常時使用の場合)


・心臓移植、人工心臓、補助人工心臓•••移植日または装着日


・人工透析•••透析開始から3か月を経過した日、


且つその日が初診日から1年6か月以内


・人工肛門造設、尿路変更術•••造設日・変更術を行った日から6か月を経過した日


・遷延性植物状態•••障害状態に至った日から起算して3か月を経過した日以後に


 医学的観点から機能回復がほとんど認められるとき


 

上記のような傷病が障害認定日の特例の対象となるものです。

日常生活や仕事に支障をきたすことが認められれば

1年6か月以内でも申請することができます。

 

 

 

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧