Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//実情を伝えるのは難しい?

ブログ

実情を伝えるのは難しい?



申請のために医師の診断書が必要ですが、「内容が実情と違っている」ということがあります。

日常生活能力などについて、実情とは明らかに隔たりがある場合、

審査にも大きく影響してきます。

なぜ、現状が診断書に反映されないのでしょう。

医師がどのような判断をしたのか、確認することもできますが

まずはご自身についてチェックしてみましょう。

 

・医師の前ではいい人を演じてしまう

・薬が増えてしまうかも、と考え症状が悪くても医師に伝えない

・体調が良い日に受診するため、医師は体調の悪さがわからない

・診察時間内に日常生活の困りごとや症状の辛さまで話ができない

・状態が悪いことを話すと、診てくれている医師になんとなく悪いような気がする

・診察時間が短く、医師がゆっくり話を聞いてくれない

このようなことはありませんか。

 

医師は患者さんの生活の状態や就労状況、どのくらいのサポートを受けているのかなどは、

話してもらわないとわかりません。

診断書の作成をお願いするときは、ご自身の日常生活の困りごとや

どこまでなら一人でできるのか

サポートがないとどのようなことができないかなどを、

あらかじめ簡潔なメモにして医師に渡すことをお勧めします。

 

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧